2010年07月05日

詳細〜7/11のしつけ方教室〜

忙しさにかまけて、詳細発表がすっかりこんな時期になっておりました。
ごめんなさい顔(泣)!!
*************************************************************************
          犬(笑)<愛犬のしつけ方教室>犬(笑)

開催日:7月11日(日)13時〜14時(1時間)

場 所:野火止公園<新座市野火止4丁目 ニトリさんの裏>

対 象:愛犬とご参加出来る飼い主さん

定 員:〜8組まで(愛犬とご家族2名までOKです。見学をする方が
          2名以上でも大丈夫です)

内 容:@褒めて効率よくしつける方法【甘噛み・吠え癖対策等】
    Aトイレトレーニング
    B飼い主に集中した愛犬にする為のトレーニング【オイデ・お座り等】
    Cお散歩の練習【引っ張らずに歩く】
    ※受講時間の関係で全ての項目は出来ないかもしれませんが、
     参加者様の状況に応じて、内容を決定いたします。

参加費:無料

講 師:村田和靖<ドッグトレーニングスクール「犬のコト学ぶトコ」主催>
    ペットドッグトレーナーズ資格認定CPDT−KA取得
    愛玩動物飼養管理士1級

お申し込み:メール(koikoi-ohana-kcl@docomo.ne.jp)または
      お電話(080-2073-2497)にてご連絡下さい。申し込み
      用紙を送らせて頂きます。

開催責任者:佐藤よしえ【埼玉県 動物愛護推進員 愛玩動物飼養管理士2級】

*************************************************************************

まだ定員になっておりません。
皆様のご参加、お待ちしておりますぴかぴか(新しい)


ニックネーム さとよし at 02:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月27日

NO!ノーリード(~_~;)!!

先日の日曜日、いいお天気だったので実家からちょっと
車で行った所にある川越水上公園に、2ワンズと行ってきました犬犬

公園の駐車場はスゴーク混んでいました。。ワンコ達もたーくさん!
やっぱりみんな考えることは同じ。素敵な小春日和、ワンコを公園で
遊ばせてあげたいって方達でごった返してました。

うちのワンコズも到着早々、車の中で大興奮exclamation×2
「早く外に出して!」「早く早く!!」
・・・お隣に駐車中の方が、ビックリしてうちの車内を覗いてました。
すみません、うるさくて顔(泣)

なんとか落ち着いた2頭にリードを装着して、お散歩開始!!
もう、歩き方が違う!めちゃめちゃ嬉しそうな後姿。ほんと、
春っていいなぁ〜ワンコ達も楽しいんだろうなぁ〜桜

伸縮リードを持ってきたので、少し広めな河原近くに移動しようと
歩いていたら10m程先に、アプリコット色のプードルさんが立ち上がって
ジッとこちらを見ていました。あれ?なんか変??

だってさ、あなた1頭じゃない?あれ?飼い主さんは??
え!!迷子?ど、どうしよう!!

なんて思っていたら離れたところでおじさん(お兄さんかな?)が
「ほら行くぞ!」って呼んでました。。

って、、、ノーリードかいたらーっ(汗)

公園だとほんと多いいなぁ、ノーリード。
だけどね、さっき立ち上がってたそのプードルさん。
それは警戒しているポーズなのよ。
、、、そりゃ怖いよね、テンション高い中型ワンコ2頭が
ハアハア言いながらぐんぐん近づいて来るんだもん。。ゴメンよ。

キミが安心してお散歩を楽しむためにも、飼い主さんはリードを
外すべきじゃないよねバッド(下向き矢印)

呼び戻しに自信があるのも判ります。「うちの子は他の犬や人に
迷惑かけたりしないから」っていう気持ちも判りますが、、、

でも「もしも」って事がありますよね。相手に何かをしてしまう
だけじゃなくて、リードつきの子に不用意に近付いてしまって「もしも」
が起こる事だって大いにあるんだもの。

ちゃんとリードをしていれば防げた事が、、
リードをしていなかったために起こってしまう事。

体の大きさは関係ありません。広い公園だからというのも関係ありません。
(広いからこそ沢山のワンコがいるんですもの犬(怒)

ワンコも人も、そして自分の周りにいる沢山のワンコ連れの方達にも、、
気持ちよくお散歩が出来るように「NO!ノーリード!」は大切だなって
心から感じましたぴかぴか(新しい)
ニックネーム さとよし at 17:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月23日

犬とのかかわり方って

少し前の話になりますが、、

2月・3月と動物関連のセミナーに行った際に、たまたま講師の方が
どちらの月もヨーロッパ地域の方でした。

2月の講師の方が、母国での犬と人の係り合いをお話しする際に、写真も
見せていただきましたカメラ

なんと、、犬たちはリード無しで普通に街を闊歩していました。
行き交う犬同士もしっかり挨拶犬(笑)犬(笑)
そして、、レストランも厨房なんかに入らなければどこもOK!
「動物はご遠慮ください」なんて言葉、あちらではないんですね。

それでも少し前まで、農家等では「犬は繋いで」が普通だったそうです。
それがある時、繋がれてストレスの溜まった犬が鎖を振りほどいて
隣家に押し入り、鳥小屋のニワトリを噛み殺してしまったそうです。
止めに入った人にまで噛みつき大惨事に。。

日本なら「もっと厳重に犬を隔離する」ってなるところですが、、
この状況から「こんな事になったのも、犬にストレスが溜まったせい。
ストレスフリーにしなきゃいけない!」という事で、EU諸国では
犬のリードフリーがスタンダードになったそうです。

勿論、これはその方たちの犬への意識・犬を家族に持っている人や、
その国全体のモラルが高いから実現した事であって、、「日本も犬は
リードフリー!」と言っている訳じゃありませんよ顔(汗)
いやいや、今の日本じゃ絶対まだまだ無理!!その前に問題が山積みですもんふらふらバッド(下向き矢印)

飼い主さん一人一人の意識の向上も大切なんでしょうが、動物に対する
社会の在り方も大きな違いです。

犬の社会化1つとっても、、「犬禁止」等の場所がまだまだいっぱいある
日本では、犬たちが「犬同士」や「飼い主以外の人達」と会う場所が
少なくなる訳なので、いつでも挨拶できる状況の国よりガクンと「学べる
場所」が減ります。

なので「犬のしつけ方教室」「犬を連れた親睦会」「お散歩」等の場を通して、
この「社会化」を学んぶことって大切なんじゃないかなって思います。

本当に、、犬や猫、動物たちがストレスフリーでいれることって素晴らしい
ですよね。この子たちがストレスフリーである事は、家族である私達のストレスフリー
にも繋がります。

「命を重んずる、モラルの高い」国であり地域を目指したい。
私の傍らにいる「目で話す」子たちを見て、心からそう思います。

20100128233858.jpg
今日もあなたが少しでも気持よく過ごせますように。。


ニックネーム さとよし at 23:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする